いつものお掃除がもっと楽しく、もっときれいに。天然素材にこだわったお掃除用品のパイオニア
お掃除豆知識
・カビとは?
・カビの発育過程
・なぜ室内に発生するのか?
・カビの発生しやすい場所
・室内の主要カビ
・浴室のカビ
・室内カビによる健康障害
・室内カビ発生対策
・まとめ
・ダニ・カビスパイラル
ショッピング
ボーデンショッピングサイト
弊社製品のお買い求めはこちらから
お問い合わせ
AURO
衛生微生物研究センター

お掃除豆知識

カビとは?
酵母、キノコを含めて真菌と呼ばれる微生物の一群であり、糸状の菌糸先端から栄養や水分を吸収しながら、伸びていきます。 実際に我々がパンや鏡餅の表面に白くカビが生えたと気づくのは、この菌糸が伸びて菌糸体を作った状態の時です。さらに、青く、黒く見えるのは、青色や褐色の胞子を作るからです。 カビが発生し、青く、黒く見える時は、沢山の胞子を作った証拠ですので、これらの胞子を飛ばさないように気をつけましょう。
カビの発育過程
カビの発育過程を図で示しましたが、胞子を作るまでの時間は、カビにとって最もいい環境の場合、1週間で数億を超える胞子を作ってしまいます。

ちなみに、カビの胞子1個は数ミクロン(1mmの1/1000)ですので、数十個や数百個では肉眼でみえません。
なぜ室内に発生するのか?


・室内空気中にはいつもカビの胞子が浮遊しています。
・カビは殆どの建材を栄養にします。
・一般住宅の年間平均温度は10℃~30℃です。
・一般住宅の年間平均相対湿度は浴室以外の場所は、30%~80%です。

 

すると、一般住宅の1年間の湿度は80%より低いので、カビが発生しないはず!


なぜ室内に発生するのか?
しかし、カビが使うのは、空気中の水蒸気(相対湿度)ではなく、物体表面の水分なので、室内の湿度が低くてもカビは発生します。

そこで、カビが発育しやすい場所をみると、浴室、洗面台、台所の水が溜まりやすい場所や窓、壁などの結露しやすい場所であることがわかります。

また、梅雨などで部屋の湿度が高い時期は、物体表面の水が蒸発しにくいため、カビがその水を使う時間が長くなるので、更にカビが発生しやすくなるわけです。1緕・の空気中に数百個のカビの胞子が浮遊しています。人間はカビと共存しているんですよ。
室内の主要カビ
クロカビ
発生場所:浴室、台所など水周り、ホコリなど
発生頻度:最も多い

左:25℃、1週間培養後のクロカビ集落
右:クロカビの顕微鏡像
  アオカビ
発生場所:壁、壁紙、ミカンなどの食品、ホコリなど
発生頻度:最も多い

左:25℃、1週間培養後のアオカビ集落
右:アオカビの顕微鏡像
クロコウジカビ
発生場所:壁、木材家具、革靴、ホコリなど
発生頻度:最も多い
フォーマ
発生場所:浴室、台所などのシリコンパッキング、
     冷蔵庫、ホコリなど
発生頻度:最も多い

左:25℃、1週間培養後のクロコウジカビ集落
右:クロコウジカビの顕微鏡像
 
左:25℃、1週間培養後のフォーマ集落
右:フォーマの顕微鏡像
室内の主要カビ
シリコンパッキングの中に大量に侵入したクロカビの菌糸。 栄養があるとカビの発育が促進され、パッキングの奥まで侵入するので、栄養源になる汚れを除去することが非常に大切です。

また、奥まで侵入した菌糸は取れないのでカビ発生初期に対策を取ることが重要です。
室内カビによる健康障害
・ぜん息、アレルギー性皮膚炎などのアレルギー性病気を誘発、悪化します。

・カビが揮発性有機化合物を作ります。

・肺炎などの感染症を起こします。

・カビの臭気中には炎症を誘発する物質や免疫力を低下させる物質があると思われています。
室内カビ発生対策
・浴室、洗面台、台所などの水やホコリが溜まりやすい場所は、こまめに拭き取りましょう!
 また、これらの場所では、最もカビが発生しやすい場所なので、防カビ剤製品を併用するのもいいでしょう。
・結露が原因である窓は結露水を拭き取りましょう!
・温度差が原因で結露しやすい壁はしっかり断熱処理をしましょう。
・空気の流れがない場所は湿度が高くなりやすく、カビが発生しやすいので、雨の日以外の日は、
 毎朝、窓を開けて換気しましょう。
・お天気のよい日には、押入れなどにしまってあるものを干しましょう。
・床のホコリは、カビやダニのエサになります。また、カビはダニのエサになるので、ホコリはこまめに
 除去しましょう。
まとめ
人が歩くところに雑草がはえないように、いつも使っているものは、カビが生えません。
カビが生えるのは、日頃使わないもの、手の届かない場所、空気、水、ホコリなどが溜まっている場所です。
カビ対策の最良は日頃の換気およびお掃除をまめにすることです。
ダニ・カビスパイラル

 

ダニ・カビは高温、多湿が大好き
ダニ・カビは高温、多湿が大好き。

対策なしでは、ダニ・カビのスパイラルが発生します。

ダニ・カビのスパイラルとは?
お互いに高温、多湿を好み、
カビが生えることによって、
ダニがそれを食べフンをし、
カビがそれを食べるという悪循環のスパイラル。

ダニコレクターで生け捕り
天然フルーツ成分配合の誘引剤で、
ダニを引き寄せ生け捕りにします。


ぜん息やアトピー性皮膚炎の原因はダニアレル物質(アレルギーを引き起こす物質)と言われています。

ダニコレクターは天然フルーツ成分を配合した誘引剤でダニを引き寄せ、強力な粘着剤(天然食品添加物指定)で捕獲され、逃げられません。捕獲されたダニのフンや死がいから発生するダニアレル物質を抗アレル物質剤が外に出ないようにコーティングしてダニ被害を抑制します。
AUROカビ取りでカビを取る
塩素不使用、100%天然素材のみ使用のカビ取りで
安心してカビを取り除きます。


ミネラル塩をベースにした100%天然成分なので、化学合成物質、揮発性有機化合物を一切含んでおりません。

また、消臭効果もあり、アンモニア、酢酸やイソ吉草酸などの生活臭を使用30分後には約90%削減します。もちろん無臭。
ページトップに戻る
TWITTER   Youtube   LINE   Shopping  
 
本サイトに掲載されている内容、写真の無断転載を禁止します。
Copyright(C) Boden.,Ltd.. All Rights Reserved.